認知症はサプリメントで治せる|飲むだけでオッケー

対策をとって快適に

困る女性

冷え性対策としては、タオル、毛布を利用して温めるという方法がとられることが多いものですが、内側からの対策も併用することです。温めるといわれるショウガのような食品を積極的に摂取する方法や、最近ではサプリメントを利用することもできます。

詳細

閉経前後の時期に注意

漢方

閉経前後の年齢に差し掛かった女性は「更年期障害」に気を付ける必要があります。更年期障害はホルモンバランスの乱れによって体に様々な症状が出る病気で、顔が急にほてり汗が噴き出る「ホットフラッシュ」やイライラ・不安・不眠などが代表的な症状です。ホルモンの補充が一般的な治療法ですが、漢方薬の利用も有効です。

詳細

注目の栄養素

笑顔の女性

がん治療の領域で特に注目されるフコイダンには、風邪をひきにくくなる、生活習慣病予防、美容など、身近な効果も期待できるものです。育毛剤に使用されたり、中高齢者や子ども向けの健康食品としても活用され始めています。フコイダンは、大学などの研究機関でも注目される栄養素ですから、摂取を検討してみてください。

詳細

ボケ防止対策など

サプリメント

患者数が増える予測

高齢化社会の現代ですが、今後の動向としては認知症高齢者が増えてくると見込まれています。若い時には脳細胞も活発でその数も多いので、若年の認知症になるということは少ないですが、高齢者になればなるほどそれが発症するリスクは高くなってきます。また、認知症になってしまうと本人が物忘れが多くなって日常生活に支障が出てくるようになるだけでなく、介護をすることになる家族の負担も増えてしまいます。なので家族が認知症になってしまわないような対策が大切です。特に日常的に刺激が無いと、脳への刺激が少なくなってしまいボケが多くなったりしますので、日常生活から見直していくことも認知症対策としては重要になってきます。

早めの対策方法

また、認知症対策は他にも様々な方法があります。例えば最近人気になっているのが、認知症対策サプリメントを利用して、症状の予防をする方法です。対策サプリメントには認知症に効果があるとされる成分が入っており、それを飲み続けると、将来的にボケたりするのを抑えることが出来ると言われています。医療機関で処方してもらえる薬剤とは違って、対策サプリメントは臨床試験を受けて効果があると認められたものではないので、誰にでも確実に効果があるわけではありませんがそちらも使ってみましょう。ちなみに、サプリメントに入っている成分としては、プラズマローゲン・ビタミンB12・オメガ脂肪酸と言ったものがそこで使われていたりします。特に注目を集めるのが、青魚に多く含まれるEPAやDHAといったオメガ3脂肪酸です。脳の働きを活性化させるため、認知法対策として最適な成分といえます。思いついた時に摂取するのではなく、毎日継続して摂取するのが、認知症予防の効果を高める方法です。